• facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Evernote
  • LINE

転職フェアで、見つけよう。

20代女性におすすめ!自分に合った転職フェア・転職イベントの選び方とは?

ニュース&コラム

20代女性におすすめ!自分に合った転職フェア・転職イベントの選び方とは?アイキャッチ

みなさんこんにちは。転職フェア.jp編集部 転職フェア攻略作戦室です。今回は20代女性におすすめの転職フェア、転職イベントの選び方について、お伝えしていきます!

目次

女性×20代ってどんな時期?

社会人になってからしばらく経つと、多かれ少なかれ、ある程度の社会人経験が備わってくるもの。冷静な目で今の環境を見られるようになりますよね。
すると、「本当に今の会社で良いのかな?」と迷いが生じたり、女性であれば、「結婚・出産をしても、続けやすい職場が良いな」と、転職を考える時期に差し掛かる方も多いのではないでしょうか?

以前の日本で、女性の働き口は限られており、なかなか転職先が見つからない時代が確かにありました。
しかし、「令和」を迎えた現代では、多くの企業で女性の転職が歓迎されており、本音では「女性を採りたいんだけど…」という人事担当者も、あなたが想像している以上に多いものです。

しかし、「ぜひ女性を採用したい!」という高い採用意欲を持つ企業・人材担当者がいたとしても、「雇用対策法」「男女雇用機会均等法」での制限により、企業側からは一方の性に限定した表現での求人募集ができないのが現実です。

そのため、求人サイトなどに掲載されている求人票から、「その企業が女性を歓迎しているか」を判断するのは難しいものです(せいぜい、「女性の多い/女性が活躍している職場です」と書かれているくらいでしょうか)。

しかし、実際その企業で働いている人事担当者や現場社員と直接話せる「転職イベント・転職フェア」ならば、直接顔を合わせて話すことにより、会社の雰囲気や、女性が働きやすい職場かをある程度つかむのが可能となります。

そこで、今回は、あなたにぴったりの転職イベント・転職フェアに参加する方法をお伝えしていきます!

1.女性が対象の転職フェア・イベントに参加する

20代の女性に、まず、おすすめしたいのは、各地で開催されている「女性を対象とした転職イベント・転職フェア」への参加です。

女性向けの転職イベントに参加する企業は、女性に定着してほしいという想いを抱えていることから、産休や育休制度の充実に配慮をしている職場が多い傾向にあり、求職者にとって、長く働くことをイメージしやすい可能性があります。

また女性を対象とした転職イベントでは、最前線で活躍している女性社員の講演会や、働く女性を応援する情報、そして個別に相談のできるコーナーが設けられていることもあります。
さらに、事前登録することで、協賛企業の美容グッズやサンプルがプレゼントされる特典付きのイベントも。

女性に特化したイベントは、大手人材サービスの「DODA」や、女性に特化した転職サイト「女の転職type」の主催により開催される機会がおおいため、転職をお考えの方は、こまめにチェックするのをおすすめいたします。

2.業界・職種に特化したの転職イベントに参加する

企業にとって有益な採用とは、年齢・性別に関係なく、企業に利益をもたらす人材ーーすなわち<仕事に適性がある人材>とともに働くことです。まじめに仕事に取り組む姿勢のある、スキルの高い人材や、熱意・意欲の高い人材は、性別に関係なく評価・歓迎している企業が多数あります。

そのため、「業界や職種に特化した転職イベント」に参加するのもおすすめです。
たとえば、「飲食業界の転職イベント」に参加する企業は、「飲食業界に強い興味を持っている人材がほしい」という想いがあります。そのような転職イベント・転職フェアへ参加し、実際に企業担当者と会って、直接熱意を伝えることで、採用までの距離がぐっと近づくかもしれません。

そのため志している業界や、これまでのキャリアが生かせそうなイベントがあれば、ぜひ参加してみるのをおすすめいたします。

3.転職をしたい地域の転職フェア・イベントに参加する

「次の仕事は、会社の規模よりも、働く環境で選びたい」…という本音をお持ちの女性も多いのではないでしょうか?

たとえば、「ずっと都会で働いていたけれど、やっぱり地元に戻りたい」という方や、逆に「ずっと地方にいたけれど、都会で働くのにあこがれる」という方もいるかもしれませんね。

そこでおすすめなのは、転職をしたい地域で開催される転職イベントに参加することです。
特に、地方で開催される転職フェア・転職イベントでは、「その地域限定の求人」を抱える企業が多く参加する傾向にあり、『これからの地元』を担う20~30代、しかも社会人スキルが身についている中途採用者のUターン・Iターンを歓迎する企業や求人が宝の山です。

もちろん、求人サイトなどから、地方の求人をまとめてチェックできないわけではないのですが、実際に採用にかかわる人事の方や、現場で働いている社員の方と一日に顔を合わせられる機会はそうそうないもの。都合の合う転職イベント・転職フェアがあれば、ぜひ参加するのをおすすめします。

地方で開催される転職イベントは、土日開催が多い傾向にあるため、帰省やプチ旅行もかねて、転職イベントに足を運ぶのをおすすめいたします。

4.イベントが見つからなさそうな場合は、転職サイトも有効活用してみて

「転職イベントがあるけど、どうしても日程の都合で参加できない」「なかなか自分に合ったイベントを見つけられない」という場合は、女性にとって便利な機能を備えた転職サイトを利用するのも一つの手です。

女性にとって便利な転職サイトは多数ありますが、その中でもおすすめなのは、女性の転職支援に特化した「女の転職type」です。

女の転職typeの特徴は、「正社員・正社員登用ありの求人が90%以上」であり、これから正社員転職をかなえたい女性にぴったりのサービスであること。また、女性ならではのこだわり条件(「土日祝日休み」「育児と両立できる」「女性管理職有」)を絞り込んで探せることなどが挙げられます。もちろん利用は無料です!


↑女の転職typeに登録する↑

転職フェア・転職イベントへの参加を検討しながら、転職エージェントも並行して利用することで、たくさんの情報を仕入れる中で、自分の理想に近い職場を探したり、自分に合う職場を探すことが可能となることでしょう。

本気で次の転職を良いものにしたいと思う方は、転職フェア・転職イベントと平行して、転職サイトを利用することもおすすめいたします!


↑女の転職typeに登録する↑

5.まとめ

いかがでしょうか。今回は、20代女性におすすめの、転職フェア・転職イベントの選び方をお伝えしました。今回のコラムが、あなたの転職活動の背中を押し、ご自分に合ったイベント選びの参考となりましたら幸いです。それではまた!

▼関連コラム
「20代・第二新卒が正社員転職を叶えるには?転職フェアがお勧めの理由」

▼おすすめコラム
「転職フェア前日までに必要な準備とは?(服装・持ち物・名刺・書類)」

▼人気コラム
doda転職フェアに参加してみた感想をレポートします!

希望の日にイベントが無い時は・・・

まずはリクルートエージェントに登録してキャリアエージェントに相談しよう

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントへの登録は必ず抑えておくべきです。
希望の業界に合わせた職務経歴書の書き方や面談のポイントについてキャリアエージェントに相談することは転職成功の必須条件と言っていいでしょう。

リクナビNEXTを併用するとスカウト機能で転職活動がさらに効率的に。

リクナビNEXT

ちょっぴりめんどくさがりな貴方にはリクナビNEXTの転職サービスも合わせて活用するのがおすすめ。
リクルートエージェントとは違って登録して待っているだけでスカウトメールが届くから、仕事が忙しくて転職活動に時間が割けない、という方にもぴったりです。