2021年の転職フェア、転職イベント&セミナー開催情報

おすすめイベント情報

転職フェアとは

転職フェアとは、
・求人募集をしたい企業が、
・イベントホールやセミナー会場に集まって、
・自社の展示ブースにて会社説明を行うイベントのこと
です。

同じ転職フェアでも、その規模や参画企業は主催社によって異なります。
dodaやマイナビが都心部の展示会場で開催する大規模なフェアから、商工会議所や自治体が地元の企業を募ったイベントまで、大小さまざまな転職フェアがあります。

また、「営業」「エンジニア」「介護士」「第二新卒」など、職種や参加者を限定した転職フェアも存在します。

転職フェアの最大のメリットは、1日で沢山の企業の採用担当者から”会って直接話しを聞ける”ことです。ときにはその日の内に1次選考の日程が決まったり、書類選考を免除されたりすることもあります。

転職フェアは基本的に通年で開催されていますが、特にイベントが増えるのが2~3月と9~10月です。多くの方が賞与を受け取った後(4月と7月)に転職を検討するため、その前後に全国各地で大規模なフェアが主催されます。

反対に、長期休暇がある8月と12月には開催が極端に減少します。

転職サイトの弱点を埋める転職フェア

転職フェア・適職フェアの魅力、それは自分の枠を超えた、運命の仕事・会社・業界との出会いの可能性につきます。

確かにインターネット上の求人媒体(転職サイト)やハローワークのサービス等を活用することは転職活動の常套手段といえますが、実はこういった検索型の求人媒体には大きな落とし穴があります。
検索型の求人媒体では偏った情報しか手に入らないことです。

検索型の媒体で求人情報を調べる際、無意識の内に前職の延長線上にある職種ばかりピックアップしてしまった経験は無いでしょうか。
結果として前職とほぼ同じ仕事内容で決着、しかも年収ダウンでも妥協せざるを得ないというような状況が往々にして発生します。

転職フェアで広がるキャリアアップの可能性

転職は本来、自分の可能性を広げる機会、つまりキャリアアップのチャンスであるべきです。
転職フェアや適職フェアには一般の求人媒体に募集情報を掲載していない企業も多数参加しており、しかもそれらの人事担当者が能動的に求職者にアプローチしてきます。

その中には必ず、あなたのスキルと経験をより高い次元で活かしてくれる一社があるはずです。

転職フェアで情報戦を制する

また、転職サイトには無い転職フェアの特徴として、 人事担当者が直接会社の特徴を教えてくれるということがあります。
転職活動は情報戦です。エントリーや面接の時点でいかに「私はあなたの会社のことを知っていますよ」と伝えられるかが勝負の分かれ目です。

イベントで得られた情報は必ずあなたの職務経歴書や面接の品質を向上することでしょう。